本文へジャンプ

金沢医科大学

医学研究科

学位

学位論文審査基準

特別研究
  1. 看護教育・地域医療・看護現場に関する研究課題であることが明確に表現されている。
  2. 研究背景の中に文献レビューを通して、研究課題の必要性や妥当性が述べられている。
  3. 文献レビューの結果から、研究目的が導かれている。
  4. 看護の質向上、改善に貢献できる研究の意義が述べられている。
  5. 研究方法
    1)研究目的に適しており、かつ科学的根拠に基づいた研究方法が用いられている。
    2)研究における倫理的配慮が適切である。
  6. 研究結果
    1)研究目的に沿った結果が述べられている。
    2)結果が図表等を用いてわかりやすく記述できている。
    3)結果から導かれた新しい知見を論理的に記述できている。
  7. 考察
    1)得られた結果に基づき、研究目的に照らして論理的に述べられている。
    2)文献を用いて適切に結果を解釈し述べられている。
  8. 結論が簡潔明瞭に述べられている。
  9. 研究の限界と課題が明確に述べられている。
  10. 修士論文の様式に則り作成できている。
  11. 修士論文のプレゼンテーションが適切にできる。
    1)研究内容をわかりやすくプレゼンテーションできる。
    2)制限時間内にプレゼンテーションできる。
    3)質問に対する返答内容は的確である。

課題研究
  1. 看護実践の質向上に関する研究課題であることが明確に表現されている。
  2. 先行研究の検討に基づいて研究の背景が述べられている。
  3. 先行研究の結果から、研究目的が導かれている。
  4. 看護実践の質向上、改善に貢献できる研究の意義が述べられている。
  5. 研究方法
    1)研究課題に適した研究方法が用いられている。
    2)研究における倫理的配慮が適切になされている。
  6. 研究結果
    1)研究目的に沿った結果が述べられている。
    2)結果が図表等を用いてわかりやすく記述できている。
  7. 考察
    1)得られた結果に基づき、研究目的に沿って述べられている。
    2)文献を用いて適切に結果を解釈し、述べられている。
  8. 結論が簡潔明瞭に述べられている。
  9. 研究の限界と課題が述べられている。
  10. 修士論文の様式に則り作成できている。
  11. 修士論文のプレゼンテーションが適切にできる。
    1)研究内容をわかりやすくプレゼンテーションできる。
    2)制限時間内にプレゼンテーションできる。
    3)質問に対する返答内容は的確である。

PAGE TOP