学部・大学院・研究所 大学院医学研究科

研究をしている女性

次世代北信がんプロ

正規課程

がん遺伝子に基づく個別化医療を担う がん専門医療人養成コース(正規課程)

がんの発生進展に必須のがんゲノム情報を理解し、病理診断をもとにがん遺伝子パネル検査の結果情報に関して、
医療関係者に助言が可能ながん専門医療人を養成する。

対象

金沢医科大学大学院医学研究科
生命医科学専攻 (博士課程)大学院生

修業年限(期間)

4年(次世代北信がん専門医養成系科目は3年次迄に修得すること)

修了要件

博士課程に4年以上在籍し、所定の単位数以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査に合格することで、博士(医学)の学位を授与します。

履修方法

e-Learning教材、WEB会議システムによる次世代北信オンコロジーセミナー参加及び自身が専攻した領域におけるがんに関連する学位論文作成等

修了後のキャリアパス想定

がんゲノムを理解・実践可能で、多職種からなるチーム医療を連携推進できる卓越した知識・経験をもちあわせる次世代のがん専門医のリーダーとして、地域基幹病院におけるがん医療に貢献する。

受け入れ開始

令和6年4月(以降、各年度4月)

募集人数

各年度1名程度(定員ではありません)

その他

本コース修了者には、日本がん治療認定医の申請の際に必要な学術単位のうち10単位が適用されます。

開講科目の詳細はこちら

がん遺伝子に基づく個別化医療を担う がん専門医療人養成コースの履修