教育・研究指導

大学院医学研究科 「研究医コース」

臨床研究に従事する「研究医」を目指す

「研究医コース」の概要

 金沢医科大学は、“医師の養成”において、研究から診療までを網羅的に学べる場であるべきと考えています。金沢医科大学 大学院医学研究科の研究医コースは、学位取得後も引き続き診療をしながら臨床研究を続けることができる臨床研究医の育成を目的としています。
 本コースでは、医学部第4学年から大学院医学研究科の共通科目を履修します。その後、医学部卒業と同時に本学の大学院に進学し、研究指導教員と研究指導メンターのもと、初期臨床研修と並行して研究を開始することができます。優秀な学位論文を作成すれば、最短で医学部卒業後3年目に博士(医学)の学位を取得することができます。また、大学院医学研究科の入学金の半額が補助されます。

特徴

  1. 大学卒業と同時に大学院入学が可能となります。
  2. 大学院入学時に研究指導教員を決め、研究指導メンターがつくことにより、入学と同時に、初期臨床研修と並行して研究が開始できます。
  3. 大学院入学金の半額を補助します。
  4. 研究内容に制限はありません。
  5. 大学院修了後の進路に制限はありません。


大学院医学研究科共通科目一覧

 上記科目から「医の倫理」または「生命倫理学」を含む4科目(4単位)を履修します。




Q&A


Q:どのようなひとに向いているでしょうか?

A:「研究医枠」以外の入試制度で入学した医学部生で、将来本学の大学院に入り、博士(医学)の学位を取得し、その後も患者さんの診察をしながら、臨床研究を続けていきたい人に最適のコースです。大学に残って大学教員(教授、准教授など)になりたい、あるいは若いうちに早めに留学経験を積みたいという人にもおすすめです。



Q:卒業後普通に大学院に入るのとどう違うのでしょうか?

A:研究医コース以外では、早くて初期研修の2年目、普通は後期研修1年目から大学院に入り、大学院の1年次から2年次にかけて大学院共通科目を受講することになります。その後所属研究室を決めて研究を開始するのは、早くて後期研修の1年目からになります。研究医コースでは、初期研修の1年目(医学部卒業後すぐ)に大学院に入ることができ、また医学部生の4年生から卒業までの間に大学院共通科目の単位を取得済みですので、大学院入学後すぐ(医学部卒業後すぐ)に所属研究室を決めて研究を始めることができます。優れた博士論文を作成できれば、最短医学部卒業後3年で博士(医学)の学位を取得することができます。すなわち、通常より2年から3年早く博士(医学)の学位を取得できます。



Q:奨学金などの支援はありますか?

A:研究医コースを利用し、初期臨床研修の1年目(医学部卒業後すぐ)に本学の大学院に入学する場合は、入学金20万円の半額を補助します。返却の必要はありません。また、研究活動に際して、直接指導にあたる所属研究室の研究指導教員に加えて、統計解析や実験技術に精通している研究指導メンターが研究の補助をします。



Q:どうすれば研究医コースに入れますか?

A:まず、医学部3年生の間に教学課(大学院医学研究科担当)に研究医コース希望の意思を伝えてください。医学部4年生から「科目等履修生」の資格を取ってもらいます。これは無料です。医学部4年生から卒業までの間に、科目等履修生として大学院共通科目を受講してもらいます。



Q:通常の学生生活とどのような違いがあるのでしょうか?

A:医学部4年生以降の医学部の講義・実習は普通に受けてください。加えて、医学部4年生から卒業までの間に、大学院共通科目の4科目を選択し4単位を取得してもらいます。1単位取得には、90分の講義を8回受けることが必要です。各講義は、日中と夜間の2回組まれていますから、医学部の講義・実習のない時間帯を利用してどちらかを受講して下さい。おおむね半期(半年)で1~2単位をとることができるよう講義日程が組まれています。



Q:研究医コースをとっていて、卒業後大学院に入らないと罰則がありますか。?

A:罰則はありません。上述のように、研究医コースでは、初期研修の1年目(医学部卒業後すぐ)から本学の大学院に入ることができますが、卒業後すぐの大学院入学は必須ではありません。本学大学院に入学せずに本学で初期研修を行うことも可能ですし、他の大学の大学院に入学することも可能です。ただし、本学大学院共通科目の単位は、他大学の大学院の単位と互換性はありません。



Q:大学院で選択する研究課題に制限はありますか?

A:制限はありません。本学の大学院科目であれば、臨床科目、基礎科目を問わず選択することができます。



Q:大学院卒業後の進路に制限はありますか?

A:制限はありません。大学院卒業後も本学に残って、診療・研究・教育に従事し、将来の本学を背負ってくれることを期待しますが、義務はありません。



Q:連携大学との交流はどのようなものですか?

A:本学は、超少子高齢化地域での先進的がん医療人養成(北信がんプロ)で金沢大学・信州大学・富山大学・福井大学・石川県立看護大学と、北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ)で金沢大学・富山大学・福井大学と連携し、教育コースを設置しています。