各種案内

住居について

 日本での留学生活を始めるには、まず住居を決めなくてはなりません。本学では、国際交流センターが管理する留学生宿舎が利用できます。
 ただし、空室がない場合は、自身で民間アパートなど住居を探す必要があります。

留学生宿舎

 宿舎の使用を希望する場合、来日前に、受け入れ先の研究指導教員を通じ、国際交流センター事務課に相談をしてください。

単身用
  • 部屋数 合計 24 室(個室、男性 12、女性 12)
  • 宿舎費 月額 9,395 円 (宿舎使用料:9,045 円 備品使用料:350 円)
  • 個室内電気代、電話代、駐車場代は個人負担(家賃請求書に含む)
  • インターネット接続は無料 個室設備 洗面所/エアコン/クローゼット/電話/インターネット
  • 共用設備
    キッチン/シャワー室/ラウンジ/冷蔵庫室/洗濯室/乾燥室/洗面所/トイレ

留学生宿舎以外の住居

 日本の住宅事情はきびしく、希望にあった住居を見つけることはなかなかむずかしい状況です。大学から留学生宿舎以外の住居を紹介や斡旋をすることはありません。知人に相談するなどして住居の確保に努めてください。

【注意点】
  • キャンパスのある内灘は、県都金沢からは、電車とバスの乗り継ぎが必要となります。生活を検討し、住居を探してください。
  • 地域によって住居費に大きな差があります。また、住居費の中には毎月支払うものと契約時に支払うものがあります。
  • 生活費の中で、住居費のために支出できる金額に見合った部屋の広さや設備を考えながら住居を探してください。
  • 契約時には、一般的に、手付金・敷金・仲介手数料を支払わなければなりません。事前によく確認してください。
  • アパートなどの賃貸宿舎には通常家具はついていません。自身で用意する必要があります。
  • 契約時に日本人の連帯保証人を求められます。